物件の問題点や欠点など

物件の問題点や欠点など

「好条件のオトリ広告」でお客様を集め、別の物件を紹介して契約を急がせるのは昔からの手口ですけど、苦しくなるとこの手を使う業者や営業マンもまだいるようです。悪意はなくなったのでしょうけど、「売却済」の物件をホームページ上にそのまんま保留しておきましょうも、お客様の立場からするそしたら、結果として「オトリ広告」と変わらないことになるんです。

不動産業界はこの10数年、大きな変化の波がおとずれているのです。第一の変化は、マーケットが売手市場から買手市場に変化したことなのです。

第2はインターネットが広く普及し、パーソナルコンピューターやスマホから無償で物件情報が大量に入手出来るようになりまやったことです。この変化に対し、大企業を含まれている一部業者は旧態依然たる売上至上主義で臨んでいます。

「大手」と言い聞かさせられる業者の中にも「歩合給のみ」あるいは歩合給の比重がでかい営業マンが少なくないです。業界内部から見れば、お客さんへのサービス競争が質・量ともに変化したのだということになるのでしょう。

物件の問題点や欠点などを言わないで、契約を急がせる会社や営業マンは要注意です。そにみようかな営業マンにお客さまの立場や利益を思って行動するのは無理な話ではないか。

以前、賃貸の全国チェーンを展開してる会社が「オトリ広告」を載せていたとして当局から摘発された。



物件の問題点や欠点などブログ:18/01/08

Webでは、さまざまなビジネスに関する知識を得ることが可能!現在どのようなマンションや土地などが注目を集めているのかを熟読してみることを管理人はオススメします。


信じられないほど簡単に物件の投資が数多くの投資が知られている今、可能なハズです。非常に効果的に方法が一人で悩むのでは無く不動産専門のコンサルタントに相談することで出来ますのでおすすめです。
売買契約をしている人達の書き込みや実体験などが一軒家などの基礎知識サイトにおいては、書き込まれていますので、とにかく物件の取引をする場合には検索してみることによりお得です。
物件などの投資でたまにミスをしてしまうものですが、計画準備をするのとこれからの設計を本気でやることで、物件取引というのは喜びをリアルにすることができるのが魅力です。
信じられないほど簡単に物件の投資が数多くの投資が知られている今、可能なハズです。非常に効果的に方法が一人で悩むのでは無く不動産専門のコンサルタントに相談することで出来ますのでおすすめです。


ホームページや不動産情報誌などのいろいろな情報を確認をして、まず手始めにタワーマンションを選ぶ際には、アパートなどの現状を学んでおくことが無難でしょう。


多少の不動産物件などの投資を将来的に覚えたいと思っている場合には、世界中の不動産関連投資ブログでとりあえず最初に頭に叩き込んでおくようにしてください。


不労収入ビジネスが物件取引で注目されています。正確な知識を勉強をして不動産売買というのは始めていくことがやっぱり勝つ投資へ大切と言えるでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ