宅建業者の大半

宅建業者の大半

どうやら大臣許可のほうが優れているように思えても、ただ事業規模がでかいだけ。宅建業者の大半は宅地建物取引業協会に加入し、その割合は全国で約8割です。

不動産の取り扱いにつきまして差はなくなったので、先入観を持たないようにしよう。ただ、業界団体への加入は強制ではないで、不動産会社によって異なるのでしょう。

営業範囲が1つの都道府県なら知事許可、2つ以上の都道府県なら大臣許可です。宅建業者が加入する業界団体には、次の4つがあって、どの業界団体も不動産の取引に関係するトラブルの相談窓口でもあるため、消費者としましては気に触る点です。

宅建業の免許には、免許権者(免許を与えた者)の違いによりまして、大臣許可と知事許可に分かれ、両者の違いは営業範囲の違いでもあるのです。企業規模の大小で判断せずに、所属団体の確認だけはしておくこと。

その為、大々的に展開してる不動産会社ほど、2つ以上の都道府県にまたがって大臣許可となって、特定の地域で営業したりする不動産会社は知事許可になるんですけど、免許として大臣許可と知事許可には何の違いもないです。一方で、大企業の宅建業者にはいずれの業界団体にも加入してもないケースがみられます。

さらに、4つの業界団体のそのうちかに所属していないそしたら、レインズ(指定流通機構)の利用ができませんため、まったくの宅建業者が業界団体に所属しているのです。



宅建業者の大半ブログ:17/06/28

計画なしほど駐車場物件選びに意味ない方法はありませんよ!忘れず思考して、将来の設計をやることが物件売買に重要です。


「新築のために一軒家を売ろう!」「こうなったら物件を購入しよう!」物件の悩みは物件所有者にとりまして大きな問題です。物件取引は確実な計画を行うのが最も良いです。
非常に簡単に物件の投資が数多くの投資方法が広まっている今、可能になってきました。かなり理想的に投資が自分自身だけでは無く投資コンサルタントに相談することで可能なので是非オススメです。


投資をしている人の書き込みや実体験等がタワーマンションなどの知識サイトには、あることから、ぜひとも物件取引をする場合には調査をしてみると良いでしょう。


INTERNETでは、さまざまなビジネスについて勉強などをすることが出来てしまいます。今どのような一軒家などが売れているのかを確認してみることを役立ちます。
計画なしほど駐車場物件選びに意味ない方法はありませんよ!忘れず思考して、将来の設計をやることが物件売買に大切なのです。


「新築のために一軒家を売ろう!」「こうなったら物件を購入しよう!」物件の悩みは物件所有者にとりまして大きな問題です。物件取引は確実な計画をするのが一番です。



ホーム RSS購読 サイトマップ